ホットニュース

最新の柔道大会、学術大会、産業大会など、日本柔道整復師会からのお知らせです。
白熱したホットな試合結果や模様を、タイムリーに報告いたします。
なお、関連した情報もPDFファイルにて順次掲載いたします。

添付ファイルは、『右クリック、対象をファイルに保存』を選択して
ダウンロードしてからご覧ください

【国際部】JICA草の根技術協力事業(パートナー型)日本伝統治療(柔道整復術)指導者育成・普及プロジェクト2015年度 第2回日本研修閉講式
2015年12月17日
JICA草の根技術協力事業(パートナー型)
日本伝統治療(柔道整復術)指導者育成・普及プロジェクト
2015年度 第2回日本研修閉講式

5年間の集大成を報告

 公益社団法人日本柔道整復師会(以下、日整)は平成27年12月13日(日)、「2015年度日本伝統治療(柔道整復術)指導者育成・普及プロジェクト(以下、プロジェクト)」の第2回日本研修閉講式を東京都台東区にある東天紅「飛鳥」において関係各機関から来賓を迎え厳粛な雰囲気の中で開催した。
 このプロジェクトは、日整が独立行政法人国際協力機構(JICA)の支援を受け、草の根技術協力事業パートナー型として2011年9月から5年計画により、モンゴル国内においてモンゴル人のみで柔道整復術普及活動ができる体制づくりを目的としている。モンゴルから日本に指導者候補を招いて年2回の研修を実施してきた。これをもって本邦研修は終了したが、平成28年8月まではプロジェクト期間中であり、モンゴルへの講師派遣は実施される。
 日本で最後の研修をされたのはダシュラウダン・ポロルトゥーヤ准医師、バトムンク・アルタイエルデネ准医師、オユンバートル・ダリンチュルン准医師の3名。それぞれ5回目であり、京都府の長尾接骨院と埼玉県の栗原整形外科で研修された成果の発表とこれまでの学びを振り返り、5年間の集大成となる報告会となった。准医師3名にはJICA東京国際センターの佐々木十一郎所長と工藤鉄男会長から受講証明書が授与された。(詳細は次号の日整広報に掲載)
2015年度第2回指導者候補日本研修閉講式報告












JICA草の根技術協力事業(パートナー型)日本伝統治療(柔道整復術)指導者育成・普及プロジェクト2015年度 第2回日本研修閉講式

一覧へ戻る