ホットニュース

最新の柔道大会、学術大会、産業大会など、日本柔道整復師会からのお知らせです。
白熱したホットな試合結果や模様を、タイムリーに報告いたします。
なお、関連した情報もPDFファイルにて順次掲載いたします。

添付ファイルは、『右クリック、対象をファイルに保存』を選択して
ダウンロードしてからご覧ください

【広報部】全国会長会開催 療養費検討専門委員会などに関する報告
2017年04月08日
全国会長会開催
療養費検討専門委員会などに関する報告


 公益社団法人日本柔道整復師会(以下、日整)は、平成29年3月26日(日)午後1時から日本柔整会館で全国都道府県会長会を開催した。
 挨拶に立った工藤鉄男会長は、一昔前とは環境が変化した業界の中で会員をリードしている全国の会長各位に対し、深甚なる感謝と敬意を表した。更に、この会議の目的として「何かを決定する会議ではなく、今起きている問題や、これから先のこと、その先のさまざまな問題点を共有し合い、意見交換しながら解決策を見出していくことにあります」と趣旨を述べ、時代の風を的確に捉え、舵取りをしていく強い姿勢を示した。
 はじめに、厚生労働省保険局医療課から矢田貝泰之・保険医療企画調査室長を講師に迎え、『柔道整復療養費をめぐる状況』のテーマで、社会保障を取り巻く今の状況と柔道整復療養費検討専門委員会(以下、検討専門委員会)の取り組みなどについて語っていただいた。
 顧問税理士の徳重寛之先生は『平成29年度税制改正の大綱』と題して、配偶者控除および配偶者特別控除の改正を中心に説明された。併せて経理部の竹藤敏夫部員からは『療養費取扱実態調査及び会員個別税務経営実態調査』の報告があった。
 続いて、情報管理室の新井宏室長から『請求データが示す負傷別経過期間と実日数』に関わる報告があった。保険部介護対策課から藤田正一部員が「介護保険アンケート報告」と題して結果を説明した。
 この後、各部長から活動状況が報告された。特に保険部報告では、検討専門委員会で公的審査会の権限が強化されたことと、施術管理者には実務経験3年と研修受講が課せられることが決まった、と伝えられた。

 詳細は日整広報Feel!Go!に掲載予定









全国会長会開催 療養費検討専門委員会などに関する報告

一覧へ戻る